top of page

完全フレックス制の導入のお知らせ【正社員の皆様へ】

更新日:2022年12月22日

tenectionグループの皆さんお疲れさまです。

杉本です。


年末は皆さんいかがお過ごしですか?

杉本は1年ぶりくらいに奈良でサロンワークしながら

通常業務もこなしなかなかハードに過ごせています。

ただ、やっぱりサロンワークは楽しいっすね!





フレックス制って何?


フレックス制とはあなたが自分の働く時間を自由に決められる制度のことです。

今までの正社員の制度は変形労働制という仕組みを取り入れていました。

始業時間と終業時間が決まっていて

基本的に始業時間に遅れたり、早退すると基本給が控除される仕組みです。


だけど、フレックス制度だと

あなたが完全に働いた時間の中で基本給が決まります。


10時から出勤してもいいし、13時から出勤しても良い。

ある日は2時間しか働いていないけど

別の日は11時間働いている。でもOKなわけです。


そう。お気づきでしょう。

業務委託のスタッフと同じ働きができるということです。





導入の背景


業務委託も正社員も『美容師をするという仕事に差はなくて、正社員だからしないといけないとか業務委託だからしなくていいとかはない』

と面接の時に皆様に伝えています。


ただ、契約上、今までだと正社員はどうしても働く時間に縛りがありました。

その縛りを取っ払うことで、本当の意味で

正社員と業務委託の差を無くします。


じゃあ、正社員と業務委託の違いはなにかというと

『社会保険の有無』『有給』『育休産休の有無』『健康診断の有無』『交通費』『消費税』

この6点です。


業務委託は正社員と違い、『消費税』も込みで歩合を計算できます。

その分同じ売上でも業務委託の方がお給料が高くなります。


その分、正社員には健康診断や交通費の支給などの業務委託にないメリットを用意しています。

また、何より社会保険の会社負担を考えると業務委託より正社員の方が会社としてかかってる人件費は高くなるのです。

そのおかげで、何かあった時の補償が正社員には色々あります。

例えば、

コロナや怪我をして働けない場合の傷病手当てや

働かなくてもお給料が出る有給や

年金の支給額は2,6倍の違いがあったり

育休産休では働かなくても働いて得ていたお給料の60%近いお金が保険からおります。




なので、皆さんは社会保険に入る方がメリットがあると感じられるなら

正社員だし、社会保険にメリットを感じられないなら業務委託。


補償重視→正社員

手取り額重視→業務委託





もっと、もっとみんなが公平に気持ちよく働ける環境を目指して


会社の制度がどんどん変わっていっています。

それは、弊社の規模の拡大のスピードが非常に速いことと

小さな規模ではできなかったことが今の規模だからできる

を実現していっているからです。


今年からボーナスもでます。

それも正社員、業務委託関係なくです。


会社の規模が大きくなるにつれ、

今よりさらにみんなが気持ちよく働ける環境を構築していけると考えています。


そうしたいし、そうするために走り続けています。


マネージャーからフレックス制度の細やかな中身について

改めて正社員の皆さんにご連絡があります。


新しい制度を導入するタイミングでは何かしらトラブルはつきものです。

何かあっても大目に見ていただけると嬉しいです。

最速で改善していきます!

閲覧数:214回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page